【時間の無駄】「不労所得はやめとけ」と言われる3つの理由!

【完全保存版】「不労所得はやめとけ」と言われる3つの理由!

不労所得について調べていると「不労所得はやめとけ」というアドバイスを見かけることも多いでしょう。

「本当に不労所得は危険なのか」「目指すのは辞めておいた方がいいのか」ということが気になる人も多いかと思います。

この記事では、上記の悩みや疑問に答えるため、安全な不労所得の選び方などを解説していきます。

読んでいただくことで、詐欺などに騙されることなく、安心して稼げる不労所得の種類を見つけられるでしょう。

記事の内容を簡単に説明!
  • 「不労所得はやめとけ」と言われる理由は「詐欺が多い・情報が少ない・作れる人が少ない」の3つ。
  • 特に「詐欺が多い」ということで、周りの人の警戒心も高くなっていることも多い。
  • 不労所得選びで一番大切なことは、「安全な不労所得選び」と言っても過言ではない。
  • 一番安全な不労所得は、上場企業が取引を行っている「FX
  • 無料かつ1分で登録できるので、ぜひ公式サイトをチェックしてみよう!

みんなのFX
みんなのFXの公式HPはこちら

\最大50000円キャッシュバック!/

不労所得とは

不労所得とは

不労所得とは「働かずに得られる収入」です。

大辞林の第三版(コトバンク)によれば、具体例は「利子・家賃・地代など」となっています。

対義語となるのは「勤労所得」です。

一般的には不労所得の反対語は「労働所得」ですが、正式な日本語では「勤労所得」ということです。

(勤労か労働かという言葉の使い方一つをとっても、世間の人の仕事に対するモチベーションを感じられますね)

不労所得という言葉は、少なくとも1919年には使用されていました。

与謝野晶子の文章の中に「不労所得に由って衣食する階級と」という一文があります。

つまり、ちょうど100年以上日本で使われてきた言葉であるということです。

「不労所得は辞めとけ」と言われる理由

「不労所得は辞めとけ」と言われる理由

「不労所得は辞めとけ」という言葉を見聞きしたとき「なぜそう言われるのか」という理由を知りたいでしょう。

ここでは、上のように言われる主な理由を解説していきます。

詐欺が多い

「不労所得生活を送りませんか?」という勧誘には、詐欺がかなり多くあります。

一般的によく言われることですが、本当にそんなノウハウがあるなら、その人が自分でやればいいのです。

なぜそうしないかというと「そのノウハウでは稼げない」ためです。

しかし、詐欺的な「不労所得」に勧誘する悪質な業者は、この点を上手くカモフラージュします。

「たくさん人数が増えるほど稼げる仕組みだから」というアピールをするのです。

確かに、たとえばネットワークビジネスの場合「カモになる下部の人間が多いほど稼げる」仕組みです。

彼らの「上納金」によって稼ぐのがネットワークビジネスですからね。

しかし、あくまで稼げるのは「上にいる人間だけ」であり、下にいる人間は稼げないのです。

基本的に人間の仕事の価値は「需要と供給」で決まります。

そのため、人数が増える=供給が増えるというのは不利なことなのです。

それをわざわざする(ノウハウを広める)ということは「基本的に怪しい」と思ってください。

情報が少ない

不労所得については、情報自体が少なくなっています。

それも当然でそもそも不労所得によって稼いでいる人がほとんどいないためです。

  • もともとの人口が少ない
  • しかも、本当に稼いでいる人は表に出たがらない

こうした2つの理由から、不労所得に関する正確な情報は、一般には出回らないわけですね。

一部のお金持ちの間で「信頼できる仲間内の情報」としては出回っています。

そういう場所では「情報が多い」のですが、一般の世界では不労所得に関する情報は少ないのです。

形成できる人が少ない

不労所得は情報さえあれば形成できるというものではありません。

たとえば、高須クリニックの高須克弥院長は、バブル期に「稼げる情報」を掴んでいた一人です。

そして、多額の不動産投資をして大きな資産を築いていました。

しかし、バブル崩壊と同時に100億円の借金を背負ってしまったのです。

この時点で、高須院長は不労所得どころか「ひたすら利息が発生する負債」しかなかったわけですね。

そこから立ち直り、今は巨額の不労所得を毎年稼いでいます。

しかし、それができたのは高須院長がアジアでトップレベルの美容整形の技術で、馬車馬のように自ら働いたからです。

つまり、労働すべき場面で「非常に高いスキルを持って、誰よりも働いた」から、再び不労所得を得られるようになったのです。

普通だったら、他のバブル紳士と同様、バブル崩壊の時点で不労所得を失ったまま、再起はできなかったわけですね。

このように、不労所得はたとえ情報があったとしても築くのが難しく、さらに維持するのが難しいのです。

そして、一度崩壊してしまった後「もう一度築く」のも、さらに大変といえます。

このような理由から、長く不労所得を維持している人が少ないのです。

この点でも「不労所得で稼ぎ続けるなんて無理ではないか?」=「辞めとけ」という結論が広まるわけです。

安全な不労所得の選び方

安全な不労所得の選び方

「不労所得はやめとけ」と言われても「それでもやはり不労所得で生活したい」という人は多いでしょう。

そのような人のために、ここでは安全な不労所得の選び方を解説します。

稼げている人がいる

まず、その不労所得の種類によって稼げている人がいる、ということが重要です。

  • 株式投資
  • FX投資
  • 不動産投資
  • アフィリエイト
  • シェアビジネス

上記のような不労所得の種類は、長年、それによって稼いでいる人が多数登場しているビジネスです。

シェアビジネスについては、ジャンルによっては「最近始まった」というものもあります。

しかし、原理としてはたとえばカーシェアリングであれば「レンタカー業を個人でやる」というものであり、稼げる仕組みとしては昔からあったのです。

このように「そのビジネスや、その原理を生かしたビジネスで昔から稼いできた人がいる」という不労所得については、信頼できるといえます。

稀に例外的なパターンもあり、2017年の仮想通貨バブルは、始まる前までは稼げている人が少なかったといえます。

正確にはある程度いたのですが、「今から買ってもまだ大丈夫なのか?」ということは、誰もが思っていたでしょう。

「どう考えても異常なので、もう崩壊するのではないか?」と、警戒していた人も多いはずなんですね。

その状況では「稼げている人がいるかどうか」にこだわっていては、チャンスを逃してしまったでしょう。

事実、仮想通貨バブルでも89%の日本人は最後まで保有しなかったというデータが出ています。

こういった例外もあるため、状況によっては「稼げている人が少ない状態でも飛び込むべき」ということはあります。

しかし、やはりその場合も生活費や借り入れ資金などを投入するべきではありません。

全額失っても構わない、あるいはずっと寝かせておいてもかまわないという、完全な余剰資金のみをつぎ込むべきです。

基本的には「稼げている人が多い不労所得」を選ぶようにし、そうでないときには「失ってもいいお金をつぎ込む」という風に、スタイルの使い分けをしましょう。

(下記のトライオートFXは、特に稼げている人が多いツールです。興味がある方は下のリンク先を参考にしていただけたらと思います)

トライオートFX公式HPはこちら

\無料で12,000ポイントもらえる!/

運営会社が有名である

どんな不労所得の種類でも、そのシステムを提供する運営会社があります。

その運営会社が有名であれば、その不労所得は信用できるといえます。

たとえば、当サイトで紹介している不労所得の種類では、下のような運営会社がサービスを提供しています。

  • GMOグループ
  • SBIグループ
  • インヴァスト証券(東証JASDAQ上場)

このように、誰もが知る大企業や東証上場企業が運営しているサービスを、当サイトでは推奨しています。

こういった、運営元が信用できる不労所得の種類なら、本格的に実践してもリスクは少ないといえるでしょう。

(たとえば、LINEが運営する下記の「LINE FX」なども安心できるサービスの一つです)

LINE FXの公式HPはこちら

\口座開設・管理費無料!/

少しでも知見がある

他の人にとっては危険な種類の不労所得でも、知見があれば安全ということはしばしばあります。

たとえば「FXは危険」と思っている人が多くいますが、知見のある人にとっては「投資機能付きの外貨預金」とも言えるくらい安全なものです。

ただ、そのようにFXで安全な投資をできるようにするには、勉強が必要です。

それも本やWebの情報ではなく、実際の証券会社のチャートでの勉強が必要となります。

ハードルが高いと感じるかもしれませんが、口座開設は誰でも無料ですぐにできるものであり、チャートを見るだけならゼロ円でできます。

チャートが高機能で充実しており、一番学習効果が高いのは、最大手の1社であるみんなのFXです。

下の公式サイトから1分で口座登録をできるので、ぜひリンク先を気軽に覗いてみてください。

みんなのFXの公式HPはこちら

\最大50000円キャッシュバック!/

今すぐ始めた方がいい不労所得

今すぐ始めた方がいい不労所得

不労所得の中には、明らかに信頼性が高いため「すぐにでも始めた方がいい」というものが多くあります。

ここでは、そのようにすぐ始めるべき不労所得を紹介していきます。

おすすめの不労所得はこちらの記事でも紹介しているので合わせてご一読ください。

FX投資

みんなのFX

FXは意外にも初心者向けの不労所得の一つです。

理由は、レバレッジをかけない限りは、大きな為替の波に乗って安定的に稼げるためです。

FXは外貨のトレードをするものですが、外貨の価値というのは世界情勢で決まります。

その世界情勢には大きな流れがあり、数年単位で一定の方向にじわじわと動くことが多いのです。

たとえば、2013年に始まった円安は、2015年途中までの約3年間の間、じわじわと拡大していました。

この途中で買って途中ですぐ売るということをしていたら、損失が出た可能性もあります。

しかし、2013年に買って2015年で売るなら、売買のタイミングが1カ月程度ずれていたとしても、十分に利益が出たのです。

そして、ドル円に限っていえばこのように数年単位の波だけとなりますが、他の通貨も絡めれば、チャンスはもっと増えます。

たとえばユーロ・英ポンド・豪ドルなどを合わせれば「いつでもどれかは安くなる」のです。

  • 安くなった外貨を買う
  • それが値上がりするまでの間、他の外貨が下がる
  • それもまた買う
  • それを繰り返しているうちに、最初に買った外貨が値上がりする
  • その時に売る

このように「あらゆる外貨に資産を分散」していれば、いつでも「安いときに買って、高くなったら売る」ということができるのです。

もちろん、これをやるにはある程度資産が必要です。

しかし、数百万円もあればこのような極めてローリスクなやり方もできるわけですね。

こうしたトレードをするにも、まずはチャートを見て勉強する必要があります。

下記のみんなのFXなら、チャートも非常に使いやすく投資の勉強もしやすいでしょう。

口座開設は無料で簡単にできるので、ぜひ下の公式サイトをチェックしてみてください。

みんなのFXの公式HPはこちら

\最大50000円キャッシュバック!/

仮想通貨投資

ビットフライヤー

「不労所得はやめとけ」という人の大部分が否定するのが仮想通貨投資でしょう。

たしかに、一時期のバブルは沈静化し、今はどうなるか誰にもわからない状態です。

しかし、大手銀行がブロックチェーンの技術を業務に導入するなど、ブロックチェーンについては着実に市民権を得つつあります。

そして、ブロックチェーンの認知度が一定レベルに達した時点で、仮想通貨も再評価されるでしょう。

そのときまで我慢して長期保有を続ければ、仮想通貨でもかなりの不労所得を得られる可能性があります。

そして、仮想通貨の投資は取引所での口座開設が必要ですが、日本の取引所ではビットフライヤーが一番おすすめです。

ハッキング事件の教訓でどこよりもセキュリティが強固になっているので、ぜひ下の公式ページから口座開設をsいてみてください。

ビットフライヤーの公式HPはこちら

\口座開設・管理費無料!/

株式投資

SBI証券

株式投資は、不労所得の中でも特に歴史が長く、社会的に認知度が高いものの一つです。

デイトレード・スキャルピング・スイングトレードといった、せわしく取引をする手法だと、ハイリスクになります。

しかし、インデックス投資のように「ただ眠らせておくだけ」の投資なら、ほとんどノーリスクで不労所得を得ることができます。

短期間で一気に稼ぐことは難しいですが、長期スパンデカが得るなら、株は「確実に不労所得を得られる手法の一つ」と考えて下さい。

そして、その株式投資を始めるのであれば、まず下のSBI証券で口座登録をするのがおすすめです。

業界最大手の一社で、トレード画面も非常に見やすいため、チャートを見ているだけでもいい勉強になるでしょう。

SBI証券の公式HPはこちら

\口座開設・管理費無料!/

不動産投資

湘南まちづくり

不動産投資は、最近では小口化商品が多数あるため、低資本から参加できるようになっています。

「と言っても、素人をカモにする怪しいファンドではないか?」と思うかもしれません。

しかし、たとえば上の画像の「湘南ユーミーまちづくりコンソーシアム」というプロジェクトは、神奈川県が公式に関わっているものです。

「100万円から湘南の不動産オーナーになれる」というものですが、こうした行政も関わるものなら、少なくとも詐欺ではありません。

他にも東急リバブルが提供するものなど「信頼できる小口化商品」は多数あります。

そうしたものからまずチェックしてみるといいでしょう。

アフィリエイト

バナーブリッジ

アフィリエイトは、上の画像のバナーブリッジなどのASPと契約して行うのが一般的です。

Googleアドセンスで稼ぐ方法もありますが、稼ぎやすいのはやはりASPと提携するアフィリエイトです。

強いサイトを作る必要がありますが、それさえできれば安定して不労所得を得られる手法です。

ライティングやデザイン、SEOなどの技術・知見がある人は、ぜひ積極的に取り組むといいでしょう。

FX自動売買

トライオートFX

FXの自動売買は、不労所得の中でも特に簡単にスタートできるものです。

上の画像のトライオートFXなら、用意されている売買プログラムを選択するだけです。

期間収益率141.81%という高い実績を残している点でも安心できます。

東証上場企業のインヴァスト証券が提供する安全なツールなので、ぜひ下の公式ページで詳しい機能を確認してみてください。

トライオートFX公式HPはこちら

\無料で12,000ポイントもらえる!/

「不労所得は辞めとけ」に関するQ&A

「不労所得は辞めとけ」に関するQ&A

「不労所得はやめとけ」というテーマに関して、多くの人が疑問に思う内容は共通しています。

ここでは、それらのよくある疑問点について答えていきます。

何も知らないままいきなり投資しても大丈夫ですか?

投資の種類にもよりますが、たとえば信頼できるFXの自動売買ツールなどは大丈夫です。

インヴァスト証券が提供するトライオートFXは、60%以上の利用者がFX未経験で使用を始めています。

そして、その状態で期間収益率141.81%という好成績を叩き出しています。

インヴァスト証券は東証JASDAQの上場企業であり、詐欺的なツールということはまったくありません。

こういった信頼できるツールを使うのであれば、何も知らないままいきなり投資を始めても大丈夫でしょう。

トライオートFX公式HPはこちら

\無料で12,000ポイントもらえる!/

不労所得の税金はどうなりますか?

不労所得でも当然税金はかかります。

本業と副業を合わせて、年収が103万円以上から、税金が発生します。

この金額は多少人によって前後しますが、おおむね103万円というラインだと思ってください。

副業の場合、年間利益で20万円なでは雑所得として、所得税の確定申告は不要(税金もなし)です。

しかし、住民税の方はこのレベルでも確定申告が必要なので注意してください(実際にはしていない人が多いのですが)。

勉強ってどうしたらいいんですか?

FXや株式投資の場合、勉強は「実際のチャートを見る」のが一番です。

証券会社の実際の画面を見ていることで、いざトレードを始めたときにも、操作がスムーズにわかるようになるでしょう。

そうした練習場所としておすすめなのは、FXではみんなのFXです。

業界最大手の一社で手数料の安さなど多くのメリットがあります。

口座開設は無料で簡単にできるので、ぜひ下の公式ページを覗いてみてください。

みんなのFXの公式HPはこちら

\最大50000円キャッシュバック!/

【まとめ】「不労所得は辞めとけ」と言われる理由

【まとめ】「不労所得は辞めとけ」と言われる理由

不労所得は辞めとけいわれる理由は多くありますが、いずれも実際に稼げるようになった人には関係のないものです。

たとえば、やめとけという人がTwitterでツイートしているなら、そのTwitter社に関わる投資家たちは今この瞬間も不労所得を得ているということを、忘れてはなりません。

「不労所得で稼げる世界は確かにある」「しかし、たどり着くのが難しい」というだけなのです。

正確にはそれほど難しいものではなく、すぐに行動して継続できる人は、皆確実に不労所得を手にしています。

そうした行動を起こすための第一歩として、まずは下のみんなのFXなどで、口座登録をしてみて下さい。

みんなのFXの公式HPはこちら

\最大50000円キャッシュバック!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です