ななが教える!つみたてNISAの始め方!

ななが教える!つみたてNISAの始め方!

つみたてNISAって知っていますか?

簡単に説明すると、非課税で投資を挑戦できる超お得な制度なんです。

そんなお得な制度をわかりやすく紹介していくので、これから「つみたてNISA」を始めようと考えている人は、この記事を参考に、ぜひ始めてみてはいかがでしょうか?

なな

詳しく解説していきますね!

つみたてNISAってなに?

つみたてNISAってなに?

そもそも「つみたてNISA」って何か知っていますか?

わかりやすい画像を作成してみたので、まずは下記の画像を見てみましょう。

積立NISAとは

一言で言ってしまえば、

少額であれば非課税で投資できるお得な制度」

です。

つみたてNISAを始めると毎年40万円の枠を投資枠としてもらうことができ、毎年40万円づつ投資することができます。

20年間続けることができるので、最大で「800万円」非課税で投資することができます。

なな

税金が取られないのは、超お得ですよね!

つみたてNISAの始め方

つみたてNISAの始め方

それでは、つみたてNISAの始め方を一緒に確認していきましょう。

5分もあれば始める準備をできるので、是非この記事を見ながら始めてみませんか?

つみたてNISAを始める証券会社を決める

つみたてNISAを始めるには証券会社に登録する必要があります。

まずは、どの証券会社に登録するのか決めましょう。

私がおすすめする証券会社は、SBI証券です!

少額から始めることもできますし、初心者にもおすすめの会社なんです。

なな

ぜひ一緒にはじめてみましょう!
SBI証券の公式HPはこちら

\口座開設・管理費無料!/

証券会社で口座開設する

証券会社を決めたら、まずは口座開設が必要になります。

つみたてNISAを始めるには、一緒に総合口座(株などの取引をする口座)を開設します。

つみたてNISAは、総合口座の中に小口でつみたてNISA口座を登録するようなイメージです。

一緒に登録できるので、そこまで難しく考える必要はありませんよ。

積み立てる商品を決める

つみたてNISAの口座を開設したら、どの商品に積立をするのか選びましょう。

商品選びのポイントは。「コスト」「運用方法」「投資対象」です。

コスト

投資信託では、主に3つのコストが発生します。

  • 信託報酬
  • 販売手数料
  • 信託財産留保額

の3つです。

簡単に3つ説明すると、販売時の手数料・保有している間にかかる手数料・解約時にかかる手数料の3つで、似たような投資信託をやる際には、なるべく手数料が安い投資信託を選ぶようにしましょう。

なな

その点手数料も安いSBI証券はやはり、おすすめですね!
SBI証券の公式HPはこちら

\口座開設・管理費無料!/

運用方法

基本的に商品には2つの運用方法が存在します。

  • インデックス型
  • アクティブ型

それぞれ簡単に説明していきます。

インデックス型とは、日経平均などの代表的な指数(ざっくり説明すると世の中の動き)の動きに合わせて投資する型のことで、市場全体に分散して投資することができます。

アクティブ型は、そういった指数を上回ることを目指して、運用者がいい銘柄・投資先を探して投資をする方法です。

投資対象

投資先もいくつか分かれていて、主に下記の4つに分けられます。

  • 国内株式型
  • 国内債券型
  • 外国株式型
  • 外国債券型

文字の通り、国内と国外の商品が存在します。

一般的に、より大きく利益が出るのは株式の方で、国内よりも国外の方が利益が出るのが普通です。

なな

投資対象は他人の話を全て鵜呑みにして投資をするのではなく、投資をする前にしっかり調べて投資しましょう!

【まとめ】つみたてNISAの始め方

【まとめ】つみたてNISAの始め方

ここまで、つみたてNISAについて詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

実際に難しそうに見えますが、せっかくお得な制度なのに使わないのはもったいないですよ。

少しでも、つみたてNISAを始めてみようと思っているあなたは、是非この機会に始めてみてはいかがでしょうか?

ぜひぜひ、始めた感想などありましたら、教えてくださいね!

なな

何かわからないことがあったら、是非私に質問してみてください!

私にできることなら力になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です