ななが教える!iDeCoの始め方!

ななが教える!iDeCoの始め方!

iDeCo始めてみませんか?

最近よく聞くようになった「iDeCo」

名前は知っているけど、実際にどんなものかわからない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、そんなiDeCoがどんなものなのか、どうやって始めたらいいのか詳しく解説していきます。

ぜひこの記事をみながらiDeCoを始めてみましょう!

なな

私と一緒に勉強していきましょう!

iDeCoとは?

iDeCoとは?

そもそもiDeCoってどんなものなんでしょうか?

まずは下記の画像をみてみてください。

iDeCoとは

iDeCoを簡単に一言で説明してしまうと

老後資金を作るための年金制度

です。

じゃあ、上記のように60歳まで取り出せないのに、どんなメリットがあるのでしょうか?

iDeCoメリット

簡単にiDeCoのメリットをまとめてみました。

一番のメリットといえば、積立中の税金が安くなる点でしょう。

掛け金全額が所得控除になりますし、投資で得た利益は非課税になります。

退職金と同じように、受け取り時にも控除があるのは素晴らしいですね。

iDeCoの始め方

iDeCoの始め方

それでは、iDeCoのはじめ方を紹介します。

簡単な流れとしては下記になります。

  1. 金融機関から申込書類をもらう
  2. 書類に必要事項を記入する
  3. iDeCoスタート

それでは詳しく解説していきます。

金融機関から申込書類をもらう

まずは金融機関からiDeCoの申し込み書類をもらいましょう。

ここで重要なのが、金融機関選びです。

実は金融機関ごとにiDeCoで取り扱っている金融商品が違います。

私がおすすめする金融機関はSBI証券です。

なな

なんと言ってもその信頼性は抜群で、私は脳死でSBI証券を選びました笑

書類に必要事項を記入する

申し込みが終わって数日後、書類が届くので必要事項を記入しましょう。

一点注意点として、会社員がiDeCoを始めるには会社から書類を記入・作成してもらう必要があります。

少し面倒ですが、所得税が減る分会社の事務手続きが必要になるので、必ずお願いするようにしましょうね。

書類が書けたら、金融機関へ郵送しましょう。

iDeCoスタート

iDeCoの口座開設が完了したら、投資をスタートできます。

確かに面倒な作業はありますが、それ以上にメリットの大きい制度なので、やらない方がもったいないですよ。

【まとめ】iDeCoの始め方

【まとめ】iDeCoの始め方

ここまでiDeCoのはじめ方について詳しく解説してきましたが、いかがでしたか?

とにかく自分の所得税を減らせますし、投資で得た利益が全部非課税なので、引き出せない貯金だと思って始めてみてはいかがでしょうか?

iDeCoは始めるのが早いほど複利が効くので、私はお得だと思っています。

ぜひぜひこの記事を参考に始めてみませんか?

なな

何かわからないことがあったら、是非私に質問してみてください!

私にできることなら力になりますよ。

先ほども紹介しましたが、おすすめの金融機関はSBI証券です。

ぜひぜひ下記のボタンから公式サイトに飛んで、書類の申し込みをしてみましょう!

SBI証券の公式HPはこちら

\手数料無料&加入者No.1!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です